スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島の子どもたちを広島に疎開させよう!プロジェクト

 福島の子どもたちを広島に疎開させよう!プロジェクト
  少しでも放射能被曝量を減らしたい子どもたち、および、子育て中の人々へ~

    NPО法人 よもぎのアトリエ 代表室本けい子です。
    (子育てするなら我がまちで!事業に取り組んでいます)

※野呂高原ロッジに10人~20人受け入れ可能
 野呂高原ロッジ  広島県呉市川尻町板休5502-37
          tell 0823-87-2390 fax0823-87-2391
          1泊(3食付き)3000円 タオルとパジャマは持参してください。
          よもぎのアトリエより、交通費は高速バス料金相当分支援いたします。

※広島県北備里親会 10家庭受け入れ可能(1家庭1人~2人)
          受け入れ責任(副会長) 古川 充  広島県三次市君田町石原
                            090-9061-5165

※君田こぶし自然体験の館(旧君田上小学校・おりがみ博物館)20人受け入れ可能
            広島県三次市君田町櫃田

※短期滞在については、ホームステイ先手配します。(よもぎのアトリエの協力者宅)

※私たちは、医療関係とつながり、健康管理、メンタルケアは重視します。
基本的健康チェックは致します。
保険証、罹災関係で発行された健康管理書類のコピーをお持ちください。
(子どもの内部被ばく量を心配する方が多いと聞きました。検査(ホールボディカウンター検査)を
手軽にできるように交渉中です。決定次第ネットに更新します。)



以上の受け入れ責任及び問い合わせは
NPО法人よもぎのアトリエ代表 室本けい子 090-8600-9745
広島県広島市安佐北区亀崎4丁目12-1 tell 082-840-0280
                    fax 082-840-0280


ヒロシマからのメッセージは、「早く、早く、逃げておいで!!」それだけです。

移住にも、全力でお力になります!!

広島空港すぐそばに、広島県住宅公社の団地があります。ビリュウネン入野団地です。
福島や茨城、東京へ通勤だってできます。本当に空港のすぐそばです。
(ご希望の方は、力ある親身になって下さる関係者を紹介します。)
広島県のHPもご覧ください。色々な取り組みがあります。それとの連動も協力致します。

君田町など、広島県の北部は福島県と似ています。
和牛飼って有機農業する仲間が移住してくれることを待っています。
廃校になったといっても、とってももったいない小学校があります。(旧布野村立横谷小学校です)
5~6家族まとめて移住、小学校ごと移住も誠心誠意対応致します。


ヒロシマはこれからフクシマ周辺に起こってくることを知っています。
そして、心から心配しています。
思い切って考えてください!とりあえず、若い世代の人々、子どもたち、妊婦さん・・・
広島を頼って、家族で避難してください。
さしあたり、子どもたちだけでも・・・!
子ども1人交通費(高速バス料金相当)支援いたします。




スポンサーサイト
コメント

No title

「福島の子どもたちを広島に疎開させようプロジェクト」のホームページを立ち上げました。
http://kimita-fukushima.jimdo.com/
ぜひ、ご覧くださいませ。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。