スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

からだにいい○△□

 前回の続きです。
おばちゃんに聞いてみた。
「からだにいいって それを食べたら何がおこるん?」
「・・・・・。 とにかくからだにええんと」
こうして、からだにいいと言っている方に質問すると、詳しい返答がないことが多いんです

体にいい・・・・・

食べ物は 必ずいいところと悪いところを必ず持っている
それは人の長所、短所と同じように・・・
人の長所は出すところを間違えたら、短所になってしまうし、短所の出し方のタイミング、場所を変えたら長所になるのと同じように、食べ物も同じようなことが言えると思うんです。
メディアで取り上げられた話題の食品の体に良いとされてる効果だけではなく、リスクを調べて、効果もリスクもわかった上で再検討しましょう。

この下のグラフは、とてもわかりやすく書いてあったので「油のについて知るためのブログ」から使わせていただきました。


脂肪酸

オリーブ油の話から入ったので、オリーブ油をみてみましょう。
オリーブ油に一番多く含まれているのが一価不飽和脂肪酸であるオレイン酸です。オリーブ油の他にも サフラワー油、菜種油に多く含まれています。
 で・・・・このオレイン酸なんですが、体になんらかのよい効果をもたらせてくれるこの話題のオレイン酸は、非必須脂肪酸です。
必須ではありません。べ~~~~~~つになくても生きていける脂肪酸なんです。
あれ 体に良いってどういう根拠?????? おかしいなあ
 こんな話をどこかで聞いたことがあって・・・  
「この酸化しにくい一価不飽和脂肪酸の力でもって、ラードや牛脂は日持ちがする天然の防腐剤を自分自身が持っている優れた食品なんです。」
 なるほど 自然界の力ってすごいな~~~~~!動物性脂肪はいつの時代から悪者となってますが、オリーブ油が良いとされる効果も持っているのです。

う~~~~~ん

良い 悪いって 誰が決めてるの?
ですよねぇ
おっと 時間です。またまた次回に続きます。

 


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。